生活の知恵

靴が雨に濡れた!臭い時の洗い方と早く乾かしたいときのコツを伝授♪

然の雨や土砂降りに遭ってしまうと、靴もびっちゃびちゃに濡れてしまうことがあります。傘をさしていても雨風が激しければ、靴は守り切れないことも多いですね。
びっちゃびちゃになった靴は 何故か洗うのが億劫になったり、めんどくさくて放置してしまうことも・・・。
他の用事を片付けていたり、家事なんかしていると忘れてしまうことだってあります。
でも、雨に濡れた靴は雑菌も繁殖しやすいですし、なるべくならすぐに洗って乾かすことをおススメします!
というわけで今日は 雨に濡れた靴の洗い方と素早く乾かす方法をご紹介しますね♪

スポンサーリンク

靴が雨に濡れた!どうしたらいい!?

靴が雨に濡れてしまった場合は、できることならすぐにでも洗いましょう。

靴には汗や皮脂が残っています。そこには雑菌が・・・。
雨に濡れると湿度を得た雑菌たちはここぞとばかりに繁殖をはじめちゃうんですね!
これを放置し続けると、靴によっては匂いが落としにくくなることもΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

湿気と雑菌が原因でニオイが強烈に

雨に濡れて雑菌が増殖すると、独特の強烈な臭いを放つことがあります。
一日中靴を履いていると、靴を脱いだ時にフワッとむわっとムレた感の足特有のニオイがすることがありませんか?
汗でムレると靴の中で雑菌が繁殖し、フワッと臭い。。。なんてことがおきてしまいます。それと同じで、雨などでずぶずぶに濡れてしまうと、その湿度は汗の比じゃないので、菌が大繁殖しちゃうんですね。
足の臭いだけではなく生乾きのような、ちゃんと洗われてないぞうきんのような臭いを放つことになりかねません。

 

靴が濡れて臭いときの正しい洗い方とは?

実はこのニオイというものは、原因が菌である以上いくら丁寧に洗ったとしても、それだけでは落とすことができません。
洗う=ニオイが落ちる という考えは捨てましょう。

1 まずはしっかり洗う

靴用の洗剤を使っても石鹸を使ってもいいですが、まずはとにかくお湯をつかってしっかりと汚れを落とします。
洗い方はあなたのいつものやり方で大丈夫。

実は靴って洗濯機でも洗える♪
もちろん、洗濯機ってお洋服を洗うものだから、抵抗があるかもしれません。

でも実は海外では割と当たり前に靴を洗濯機で洗っているんですよ♪

※ミュールやサンダル、特殊な靴や革靴は洗えません。

スニーカーに限るのですが、靴用の洗濯ネットに入れて、中敷きや靴ひもを外しておけば洗濯機で洗っても大丈夫なんです! リンク予定♪

2 除菌する

また、丁寧に洗ったあとは「酸素系漂白剤」(ワイドハイターやカラーブライトなど)を使って除菌します。ココ大切♪
シューズを1時間~程度浸け置きしてその後しっかりすすぎます。浸け置きの最中は靴がどうしても浮いてきますので、途中で上下をひっくり返して靴全体がしっかり浸かるようにしてくださいね♪

※ただし、ゴムの部分が傷む可能性もあります。靴が傷みそうで怖いときや、大切な靴なので漂白液に入れるのが不安であるならここは飛ばします。

3 急いで乾かす

実は靴を洗ったあとにニオイが戻ってしまう原因はここにあります。
靴を洗った後に自然にまかせて乾燥させると、靴によっては1日~3日ほど完全に乾くまでに時間がかかってしまいます。
先にも書いたように靴の臭いの原因は雑菌。この雑菌が繁殖しやすいのは靴が乾くまでの濡れている状態。
この時間が長くかかってしまうと、せっかく洗った靴でも雑菌が少しでも残っていれば増殖してしまいニオイだけ残るという悲しい結果に。

乾かす前に酸素系の漂白剤で除菌していればある程度は大丈夫ですが、それでもやっぱり早く乾かした方が良いに越したことはありません!
次章では靴を早く乾かすための方法を紹介しますね(*´ω`*)

スポンサーリンク

靴を早く乾かしたいならコレを試してみて♪

靴を早く乾かすのに一番良い方法は ”洗濯機で脱水”です。
これまた スニーカーに限りますが、本当に乾きが格段に速くなります。

脱水にかけるときは、靴ひもと靴底は外したままで。(洗うときに外すと思うのでそのままで)
洗濯層や靴へのダメージも心配なので、タオルなどでくるんでゴムで止めると良し♪その上からさらに洗濯ネットで保護します。

脱水後は、立てかけるか、シューズハンガーに干します。

(出典:YouTube)

出来れば風通しの良い外に陰干しが一番おススメだけど、そもそも雨で濡れたわけだから外もあいにくのお天気ですよね。
室内に干す場合はとにかく風が”靴の中”に通る場所を探してください。浴室乾燥機があれば浴室、ない場合はエアコンの風が当たる場所や扇風機などを使って風を当てます。

 

その他の靴の乾燥方法

新聞やキッチンペーパーを入れる

洗濯機の脱水機能を使わない場合は、新聞紙やキッチンペーパーを使います。
早く乾かすためには靴の中にしっかり詰めること、こまめに交換することが必須。

カイロを使う

新聞やキッチンペーパーは頻繁に交換しないと意味がないためにちょっと大変です。その点カイロは入れておくだけなので便利♪

乾燥剤を使う

乾燥剤はシリカゲルです。海苔やお菓子などに入っているあの乾燥剤です!シリカゲルは割とどこにでも売っています♪
ホームセンターや100均にも。シリカゲルは粒がピンクっぽくなったらそれ以上水分を吸収できないので交換します。

注意:シリカゲル以外の乾燥剤は発熱したりと危険です。必ずシリカゲルを使ってください。

ドライヤーを使う

ドライヤーで乾燥を促すときは、靴の中に新聞紙やキッチンペーパーをいれた状態でしましょう。急激に温めるのは靴にとっても負担になるので、タオルなどにくるんでその上からドライヤーをあてます。適度に新聞やキッチンペーパーを交換することも忘れずに♪

コインランドリーの靴乾燥機を使う

コインランドリーに靴用の洗濯機や乾燥機があるのはご存知ですか?最近は大手チェーンなどのコインランドリーであればほとんど設置されています。
家で色々やってなかなか乾かないと 大変な思いをするよりはこちらで一発解決♪もいいかも(*´ω`*)

しかも早い!数百円で(うちの近所のランドリーは靴乾燥200円です)1時間以内にほとんど乾いてくれます。ただし これも スニーカーなどの布製の靴限定ですが・・・。

革靴やブーツなどは、新聞紙やキッチンペーパー、カイロ、乾燥剤などをつかって根気よく乾燥させてください♪

そして最後に。

しっかり乾燥させたあとに仕上げです。

靴が乾ききったら、アルコールなどで靴をしっかり消毒します。これでニオイ対策はだいぶばっちりですよ♪

靴が雨でぬれた時の洗い方と乾かし方についてまとめ

いかがでしたか?靴が雨に濡れてびちゃびちゃになったりすると、悲しい気持ちになるのは私だけではないはず(笑)
濡れた靴が自然に乾燥されてしまうと もう ほんと 雑菌のせいで!雑菌のせいで!めちゃくちゃ臭くなるのは必至です。

あなたの足が臭いからじゃないですよ!菌のせいです!!なるべく早くしっかり洗ってしっかり乾燥させてください(*ノωノ)

雨に濡れた靴を臭わせないようにするためには

●とにかくすぐに洗って、雑菌を増殖させないこと
●洗うのを忘れてしまって 菌が繁殖してるとき(臭い時)は除菌をすること
●洗った後はとにかく早く乾かすこと(自然のチカラに任せない!)

自然乾燥だけに頼ると時間がどうしてもかかりますからね。雑菌を繁殖させないために!

頑張ってくださいね(*´ω`*)
ではでは 最後までお読みいただきありがとうございました!♪

スポンサーリンク