化粧品

きんごきんごが気になる!実は方言?界面活性剤不使用の化粧品がソラシドエアに登場!

あなたは「きんごきんご」という化粧品をご存知ですか?
一度耳にしたらなかなか忘れられなさそうな名前ですが 実はもう30年もの歴史のある化粧品なのです。

ソラシドエアで2018年11月1日から2019年1月31日までの期間限定で機内販売されることにもなったので「きんごきんご」についてちょっと詳しく解説しますね♡

スポンサーリンク

きんごきんごが気になる!!

「きんごきんご」なんだろう。この響き。一部の人たち以外には 馴染みのない言葉ではあるのですが、
実はこの「きんごきんご」という化粧品には30年の歴史がありました。

この化粧品を作っている会社は「株式会社てんげん」。

40万年前という古代の地層から採取した火山白土を使って作られています。
クレンジング&洗顔からボディケア商品 基礎化粧品 椿油 などを自社工場で製造販売しています。

この火山白土ちょっと気になりますよね。

にゃんすけ
にゃんすけ
火山灰を使った石鹸というと「洗浄力がとても高いので、肌が乾燥しやすい」というデメリットがあるよね?
トモ
トモ
そうそう、火山灰が原料だとそういうデメリットがあるって聞くよねぇ!

うんうん、わかります。でもこのきんごきんごは約40万年前の火山白土、鹿児島のごく一部からしかとることができない超希少な白土を使っているのです。

「きんごきんご」が原料に使用しているものは鹿児島でもごく一部の地区の一部の地層にしか堆積していない、とても希少な白土を原料にしています。その地層は約40万年前にできたものともいわれなぜこの地区にしか存在しないのかわからないといわれています。

引用元:火山白土きんごきんごシリーズ 商品特長より

この白土は長い年月をかけて細かくされた粒子は 不純物が取り除かれた非常にピュアな成分なのだとか。ミネラルを豊富に含んだまさに「白土の結晶」を使っているのです。

それを特許技術でさらに均一に加工して ほかにない最高の肌触りと最高の泡立ちを実現したのです!!!

40万年という途方もない過去に降り積もった火山灰が、こうやって私たちのキレイを助けてくれるだなんて なんだか素敵ですね♡

きんごきんごって方言なの?

きんごきんごという言葉は 鹿児島の方言だそうです。

鹿児島弁で「キレイキレイ」「ぴかぴか」などの意味があります。ほかにも、「キレイになった」「さっぱりした」「イキイキしている」「元気がよい」などの意味もあるとか!

公式サイトには「きれい綺麗」と書かれています♪

女子の永遠のテーマである「キレイ」を実現するために天然素材をふんだんに使って作られているこの化粧品。

「きんごきんご」という方言が商品名なのも なんだか作られた方のこの土地への愛と「女性をキレイにしたい」という気持ちが感じられます(*‘ω‘ *)

 

スポンサーリンク

きんごきんごには界面活性剤も入ってない!

世の中の洗顔やメイク落としなどには 本当に多用されている界面活性剤。水と油の界面を合わせてくれるので 必ずしも悪者ではないのですが、なるべく自然のものがいいと思っている消費者が多いのも事実です。

きんごきんごの商品には合成界面活性剤も鉱物油なども使用されていません。

火山白土洗顔料「きんごきんご」は、火山白土を主原料とし、黒砂糖やローヤルゼリーなど美容成分をたっぷり配合した自然派洗顔料となっております。また鉱物油や合成界面活性剤は使用しておりません。

引用元:kingo kingo

とハッキリ書かれていますので安心ですね^^

天然素材にとことんこだわっていて、モンドセレクションも3年連続金賞を受賞しています。

今回ソラシドエアで機内販売されることになったものが、このきんごきんごの洗顔料1本とソラシドエアオリジナルパッケージの「白土洗顔2本」の3本セットで1000円というお試しにはピッタリの価格!!

もしソラシドエアを利用する機会があればぜひお試ししてくださいね(*‘ω‘ *)

きんごきんごについてまとめ

きんごきんごは、知る人ぞ知る化粧品で、鹿児島では親子三世代で親しまれているほどなんだとか!

鹿児島のごく一部でしか採取できない超貴重な白土をつかっていて、天然素材ばかりを使用しているきんごきんご。

女性のキレイを応援したい製造者の 心がこもっている素敵な化粧品です。

敏感肌の方でも試してみる価値はあるようなので 気になるならぜひ試してみてくださいね^^

スポンサーリンク