乾燥対策

部屋の加湿にタオルで効果はあるの?冬の乾燥対策にお金をかけたくない!

はとくに、乾燥が気になる季節。
エアコンの暖房をつければ、部屋を温められることと引き換えに「乾燥」が待っています。

ぐぬぬn(; ・`д・´)

この乾燥はくせ者です。喉はいたくなるし、インフルエンザなんかの菌は乾燥によって元気になっちゃうし、お肌もカサカサなっちゃうし
いいことは一つもありませんよね!

それでも この冬の乾燥のためだけに、加湿器を購入することは
な、なんか負けた気がする。。。

というわけで、部屋の加湿について 手軽にできることから、ちょっと頑張らないといけないことまで、加湿器以外で出来る部屋の乾燥対策について お伝えしていきます!(^^♪

 

スポンサーリンク

部屋の加湿にタオルは効果あるの!?

加湿のド定番と言いますか、ちまたでよく噂になる、「濡れタオルを干せば加湿できるよ」の話。あなたは聞いたことがありますか?

これは無い!とも言い切れないですが、干し方によっては、無い!と言いきれてしまうこともあるのです。

濡れタオルと聞いて、フェイスタオルを干してるならちょっと待ってください。

フェイスタオルは、あんまり 意味がない!(私の独断と偏見だ!)
意味がないというと語弊があるのですが、どうしてもフェイスタオルは面積が小さいので、効果が薄いんですよね。
これは私も実証済みでして、フェイスタオルをびちゃびちゃに濡らして干したときよりも、バスタオルをまぁまぁ絞って干した方が、肌で感じてわかるほどに、乾燥に違いがありました。

もしも、加湿対策で濡れタオルを干す!っていうなら、
フェイスタオルではなく、バスタオルのような大きいタオルを濡らして干しましょう。
しかも、温風が当たるところが良いです。エアコンのそばとか、風がよくあたる場所とか。
よって!部屋の加湿にタオルは効果があります!

 

冬の部屋の乾燥対策、お金をかけずにできるコト

しかし、バスタオルだけではなんとも不安だと思っているあなた。
他にも加湿のお助けアイテムをご紹介するので安心してくださいね!!

 

1、観葉植物を置くこと

観葉植物は、水分を解き放つ役割をもっています。天然の加湿器と呼ばれているほど!
植物は土から吸収した水分を葉っぱから蒸発させています。植物が置ける環境にあるなら是非置いてほしいです♪

2、洗濯物を夜に干すこと

お仕事をされていたり、洗濯機はうるさくて夜には回せないよ・・・という方は少し難しいかもしれませんが、ハッキリいって、何より一番効率がいいと個人的に思っています。
しかも洗濯物が一晩で乾いてくれます。(暖房をつけていつも乾燥がヒドイ場合)分厚いスウェットなんかも完全に乾いてくれますし、洗濯物のかさばる冬には一石二鳥だと言えるほど!
今は、部屋干しでも臭わない洗剤も多く販売されていますし、そういう洗剤を選べば、生乾きが臭いよぅ・・・なんてことはあまりないはずです。

3、部屋の中、霧吹きで水をまく

ファブリーズなどの消臭スプレーでもいいですし、アロマオイルなんかを数滴垂らしたお水でも大丈夫。カーテンに霧吹きで水を吹きかけることも効果的です。

4、お風呂のお湯を抜かずに、ドアを開けたままにする

お風呂から上がったあと、ドアをしめずに開けておくことで、お風呂の中にたまっていた蒸気が部屋のほうに流れていくので加湿できます。

5、熱帯魚を飼う!

5番目にして、あれ!?ちょっと大変だぞ!?というのをもってきました。
熱帯魚を飼うというか、部屋に水槽を置きます。そして水槽にはガラスのフタなどがついていますので、(魚の飛び出し防止)それを半分ほど開けておきます。
これもかなり加湿を期待できるようです!
たしかに実家の父の部屋に熱帯魚がいたけど、どんなに部屋があったかくても、乾燥してるなぁと思ったことはなかったですな!
(本当に魚を飼う場合は、飛び出して死んじゃうとかわいそうなので目の細かい網などを水槽の上に張ってあげましょう。)

スポンサーリンク

部屋の乾燥は許せても、喉の痛みがつらい!

部屋の乾燥は、そこまで気にならなくても、喉が痛くなるのは正直しんどいですよね。
朝、起き抜けに喉がカッラカラで、それがつらいんだよなーと思うあなた。

マスクして寝てください。

本当に、たったこれだけで、乾燥による喉の痛みは防げます。冬の夜、マスクなしでは眠れないくらいマスクが必需品となっています。
私も部屋の乾燥によって喉が痛くなるのがすっごいつらかったんです。
これをどうにかしたくて、熱帯魚を飼うこと以外は全て試してきました。
フェイスタオルはバスタオルに変えて、洗濯物は夜干して、観葉植物を置いて、霧吹きで水まいて、カーテンも濡らして、お風呂のドア開けて・・・。

もちろんそれぞれにきちんと効果はありましたし、何もしないよりかなりの改善は見られました。
が、喉の痛みが完全になくなるコトはありませんでした。

ところがマスクをして寝た次の日。
なんということでしょう。 まったく喉が痛くありません。おまけに心なしかお肌も少しだけ潤ってる?
しかもですね、真冬はあったかいんです。顔が・・・!

「なんでもっと早くにきづかなかったんだよ!!!」

自分で自分を責めました。

というわけで、(?)

冬の部屋の乾燥対策は、無理に加湿器を購入しなくても全然大丈夫ですよというコトをお伝えしました。(*´ω`*)

 

部屋の乾燥対策についてのまとめ

加湿器を購入することで、インフルエンザなどの感染症を予防することができたり、部屋の乾燥を防ぐこともできますが、
お住まいの地域によって、1年中使うわけではないのであれば、無理に買う必要はありません。
もったいないですよね”(-“”-)”邪魔にもなるし。

部屋の加湿は、家にあるものでできることはたくさんあります。

例えば赤ちゃんが生まれたばっかりで・・・とか、おじいちゃんおばあちゃんが病気になってほしくないから、、、とか
絶対乾燥だめ!っていうのならば、加湿器を購入するのもアリかとは思いますが^^

必要に応じて、いろんな乾燥対策を試してくださいね♪

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

 

ps 今すぐ部屋に湿度を!と思ったら、濡れたタオルを振り回してみてくださいね♪
振り回す際には、十分周りに気を付けて・・・。

スポンサーリンク