インフルエンザ

インフルエンザ予防接種は妊婦でも大丈夫?胎児への影響と受ける時期

インフルエンザが流行するとき、
誰よりもそれに敏感になるのが 妊婦ではないでしょうか!

かくいう私も妊娠中は人混みから逃げ回って、とにかくマスクに手洗いうがいに、部屋の湿度だのなんだのと

ちょっと、神経質だなと自分でも思うくらいきにしていました。。。(`・ω・´)

 

だって、

愛する人との間に授かった、大切な赤ちゃんがお腹の中にいるんです。

もしもこの子に何かあったら・・・

私がインフルにかかって 何かあったら・・・なんて考えるとね><

どうにかこうにか 予防したいと思うのが母親です!

 

この記事にたどり着いて読んで下さっているということは あなたも同じですね(*’ω’*)

お腹に赤ちゃんがいる状態で、予防接種は可能なのかしっかり調べてみました!

 

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種は妊婦でも受けられるの?

インフルエンザの予防接種。
からだに あらかじめインフルエンザの菌を入れること。

本当に大丈夫なんだろうか・・・。

不安ですね。

でも 結論から言うと、

大丈夫なんです。

 

それこそ少し前までは、インフルエンザワクチンは妊婦には打たない

という病院が多かったようです。

 

でも海外では、妊婦に予防接種を推奨している国もあったほど。

今では、妊婦さんへのインフルエンザの予防接種は日本でも推奨されています。

 

妊娠すると、お薬にとても気を遣うようになりますよね(; ・`д・´)
コーヒーなんかのカフェインも気にしたり、肩こりになっても湿布は我慢したり。。。

そんなにデリケートな時期なのに、注射なんて大丈夫なの!?って思うのが普通です。

私も 絶対危ない絶対ダメダメって 勝手に思い込んで受けませんでした(;´・ω・)

 

しかし!インフルエンザ予防接種は、妊娠中のお母さんの体や赤ちゃんにも
危険がないとハッキリ分かっているようです!

 

インフルエンザ予防接種を妊婦が受けたほうがいい理由

妊娠すると、体の中は大きく変化します。

お腹の中の赤ちゃんに、酸素や栄養を送っているので、母体の酸素や栄養は不足しがちです。

つわりの時期だったら、あまり食べられないこともあり、栄養が偏り免疫力が低下することも考えられます。

 

こんな理由から、インフルエンザに感染した場合に、重症化しやすいと考えられています。

インフルエンザワクチンを打つ意味は、重症化予防が、主な理由となっているので
危険がないと分かっている以上、予防接種を推奨しているのです!

 

インフルエンザといえば 長く続く高熱が主な症状のひとつとしてあげられます。

高熱はなんだか怖い気がしませんか?

 

じつは この高熱が、よくないんですね。

高熱が続くと、羊水の温度が上がります。
赤ちゃんは常に細胞が活性しているために、代謝熱と呼ばれる熱があります。
それを母体や羊水に逃がして体温調節を行っています。

 

この羊水の温度が上がってしまったら?

赤ちゃんは熱を逃がすことができなくなり 体内に熱を溜め込んでしまいます。

これが数日続くと、赤ちゃんの成長に影響がでるのではと考えられています( ;∀;)

 

WHO(世界保健機関)によると
妊娠28週以降の妊婦がインフルエンザに感染してしまうと重症化する とまで言われています。

 

こんなことから、妊婦はなるだけ、もう本当になるだけ
インフルエンザにかかってほしくない!!!

かかったとしてもなるだけ軽くで済むように、重症化を防ぎたい!!!!

と 予防接種を推奨しています(; ・`д・´)

インフルエンザの予防接種、胎児への影響はある??

このインフルエンザの予防接種、
赤ちゃんへの悪い影響はないと書きましたが、

実は いい影響があるんです(*´ω`*)

 

インフルエンザのワクチンは「不活性ワクチン」と呼ばれているものです。

分かりやすくいうと、生きてないウィルス・・・かな?

なので体の中に入れても、生きて増殖することはできません。

 

妊娠中にインフルエンザ予防接種をすることで、
胎盤を通して赤ちゃんにもインフルエンザの抗体ができるようなんですね!!

こんないい影響があったとは^^

もしインフルエンザが大流行する時期の12月~3月が出産予定なら
もう絶対 受けておいたほうが良いと 私は思います!


スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種、妊婦さんが受ける時期はいつだろう?

「胎児が少し成長してから、妊娠16週目以降が良い」 としている病院もあれば、

いつでも構わない」としている病院もあります。

 

これはそれぞれのお医者様で考え方やとらえ方が違うので、

かかりつけの産婦人科の先生によく相談してみてくださいね(*´ω`*)

 

また インフルエンザの予防接種には、

チメロサール(エチル系水銀)という防腐剤が使われているのですが、

この防腐剤の使われていないワクチンもあります。

 

妊婦はマグロやキンメダイなど、あまり食べないほうがいい・・・ときいたことはないですか?

魚が体内に大量に蓄積している水銀を避けるためです。

 

それと同じで、
このチメロサールに含まれる水銀はとても微量なのですが、一応、、、ということで
このチメロサールなしのワクチンを推奨されています。

 

産婦人科などで予防接種を受けるなら大丈夫かもしれませんが、内科や他の病院で受ける場合は、
妊婦であることを伝えて、チメロサールなしのワクチンがあるかどうか
きいてみてくださいね(*´ω`*)

 

まとめ

いかがでしたか?

普段の生活のなかでは、そこまで怖いと思わないインフルエンザですが、
妊婦さんとなると話は別ですね><

 

あなただけのからだじゃありません。

なるだけかからないように、
かかったとしても、重症化しないように、

そのために
是非 インフルエンザの予防接種を考えてみてくださいね(*´ω`*)

スポンサーリンク