新生活

一人暮らしでベッド買うなら?上手なサイズの選び方と購入に必要なもの

願の一人暮らしのスタート!
初めて家具や家電を購入するのって ワクワクしますよね!
自分だけの家、自分だけの部屋・・・。

その中でもベッド選びは超重要なので、今回のお題はベッドについてです(*´ω`*)
ベッドの購入について悩めるあなたの参考に

少しでもなればいいなと思います♪

スポンサーリンク

一人暮らし!ベッドを買うならどう選べばいい?

ベッドを販売しているお店って、本当にたくさんありますよね。
大手家具やベッドメーカーから、ホームセンターまで、その種類はとても豊富で選ぶのも大変そうです。

デザイン的にもオシャレで、価格的にも人気のあるメーカーを少しご紹介します。

ニトリ

自社工場にて家具を作っているので、お値段も優しめです!
1万円以内で買える激安ベッドから高級なベッドまで種類も豊富。
もちろん、ニトリブランド以外のベッドも取り揃えています。

IKEA

IKEAの家具は、ニトリよりもさらにオシャレといった感じです。
どんな家具を揃えようかと見てまわるだけでもすごく楽しめるお店というイメージ♪
価格もニトリに負けず劣らず良心価格。オシャレ路線で攻めるならIKEAはおススメです(*’ω’*)

無印良品

ニトリやIKEAより、少し価格が高めです。でも!その分やっぱり高品質。
そしてシンプルでずっと飽きずに使える家具もそろっています。
無印の売り場に モデルルームみたいに飾られている商品を見て、「あぁこんな部屋に住みたいな・・・」
なんて、夢見る子供時代が私にもありましたw

カリモク

無印良品よりもさらにグレードアップの価格帯なのがカリモクです。
✨ちょっと贅沢だけど、予算が許されるのなら一番におススメしちゃいます!
高品質のものを長く使いたい方に人気です(*’ω’*)

結論から言うと、本当はどこで買ってもいいのですが、(いいのかいっ)
一番大切なのは「寝心地をしっかり確かめること」です。

ネットだけの情報で決めてしまい、実際に寝転がることなく購入すると、失敗する可能性があります。

寝心地の良さは、本当に人それぞれなんです。
私はニトリで買った低反発の、自分的には寝心地の良いマットレスで寝ているのですが、
私の妹はとても寝られないと言っています。(;^ω^)なんか柔らかすぎて腰が痛くなるとか・・・。

人によって、固めが好きだったり やわらかめがすきだったり、からだが沈むのがいやだとか、コイルを感じるのがいやだとか、色々あります。
そういうのを自分でもしっかり知るために、必ず店舗に足を運んで 寝転がってみてください。
そして 色んなベッドに寝転がって、うつぶせ、横向き 仰向けと いろんな体勢でベッドを感じてみてくださいね!

ベッドのフレームの種類

フラットタイプ
ヘッドボードがフラットになっていて、クッションや枕を挟んで持たれかかれる人気のタイプです。

宮付きタイプ
ヘッドボードに棚やコンセント差し込み口などがついているタイプです。証明をおくこともできますね♪

ロータイプ
ベッドの脚をひくくしたものです。部屋が広く見えます(*’ω’*)※掃除がしにくいというデメリットがあります

フロアタイプ
フレームが床にぴったりとくっついているタイプです。ロータイプと同様、お部屋が広く見えます!※湿気対策必須です

収納付きベッド
ベッドの下に引き出しがついているものや、マットレス下全体が収納になっているタイプとあります。※湿気のこもりやすい場所なのでカビの心配があります

脚付きマットレス
マットレスに直接脚がついているタイプです。フレームが無いのでスッキリ見えます。※マットレスを裏返すというお手入れができません

マットレスとベッドフレームの間には、除湿シートを挟むことでカビ対策できます。

フレームなしで、マットレスだけ置く

マットレスだけ置く場合は、カビ対策として、マットレスと床の間をあけるためにマットレス用すのこなどを買うと良いです♪

そしてベッドと同様、”マットレス”と”すのこ”のあいだにも 除湿シートを挟むことでカビ対策できます!

 

ベッドサイズの失敗しない選び方とは!

ベッドサイズを考えるうえで、大切なポイントとして

  • あなたの体格
  • 部屋の広さ
  • あなたの価値観

を考えてみましょう。

ベッドサイズ

シングル ・・・幅97センチ  (一人用)

セミダブル・・・幅120センチ (一人用)

ダブル  ・・・幅140センチ (二人用)

クィーン ・・・幅160センチ (二人用)

キング  ・・・幅180センチ (二人用)

ベッドサイズは主にこの5種類。メーカーによって若干サイズが異なりますが、おおよそこのくらいです。

セミダブルって、「ダブル」という言葉が入っているので二人用なのかな?と思いがちですが、実は一人用。
一人で寝るのに、ゆったり眠れるサイズになっているんです(*’ω’*)

そして縦の長さは共通して195センチなのですが、ロングタイプのベッドもあります。身長180以上の人は、ロングタイプのほうがゆったり眠れるかもしれません。
枕を置くことを考えたら、足がはみ出ちゃうかもw

一人暮らしにはシングルなのかなぁ?と考えるかもしれませんが、おススメはセミダブル!!

お部屋の広さとあなたの体格にもよるのですが、6畳くらいだと、セミダブルは多少狭く感じてしまうかもしれません。
が!どのみち6畳の広さならば、シングルだろうとセミダブルだろうと、圧迫感に大差はないかと。。。

友人が部屋に遊びに来た時などに、ベッドをソファ代わりにして座ることに抵抗がなければセミダブルでもいいかと思います。
もし他人がベッドに座ることが嫌なようであれば、シングルベッドを置いたほうが良いかもです(´・ω・`)

「部屋が狭くなるとか、友達が座ったらとか、そんなこと気にしない!寝心地の良さと、睡眠をしっかりゆっくりとりたい!」

と思うならば、
もう是が非でも セミダブルをゴリゴリにおススメしますよ(*´▽`*)

あなたの体格がどのくらいで、部屋の広さがどのくらいで、あなたのベッドの重要性がどのくらいか・・・を考えて、
ベッドのサイズを選んでみてくださいね♪

独り身でセミダブルー!?なんて考え方は間違いですよ♪!
もしそんなこと言われたら、
「え?セミダブルって一人用のベッドサイズだよ?」

と返しちゃいましょう(*´▽`*)

スポンサーリンク

ベッドを購入するときにそれ以外で必要なものは??

では、ベッドを購入する場合、それ以外に必要なものとはなんでしょうか?

マットレス用のボックスシーツ

敷きパッド(四隅のゴムで引っ掛けるタイプのもの)

枕(+カバー)、毛布、掛け布団(+カバー)

除湿シート

ベッドマットレスには、必ず、必ずボックスシーツ敷きパットが必要です!
マットレスは簡単に洗うことができないので、なるだけの汚れやカビなども絶対に防止したいですよね”(-“”-)”
汚れ防止と、吸湿防止のために必要アイテムです!
私は一度、直に寝て失敗しています( ^ω^)・・・何をとは言えないのですが。。。w
マットレスに直に寝るのだけは やめておきましょうΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 

一人暮らしでベッドを買うならについてまとめ

いかがでしたでしょうか?一人暮らしでもベッドはシングルよりもセミダブル♪
と ゴリゴリにおススメしてしまいました。

まずは家具店に行って、これでもかっていうくらい「寝比べ」して
あなたの睡眠を最高なものにしてくれるベッドに出会ってくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました(*´Д`)

スポンサーリンク