暑さ対策

紫外線対策のための日傘は何色がいい?裏地は??その理由まで詳しく♪

夏の紫外線を和らげてくれる必須アイテムといえば日傘!!!
だけど、最近は色んな色の日傘が売られていますよね!紫外線をしっかりカットしてもらうために 日傘には色にも気を遣うべきなのでしょうか?
今日は紫外線対策のために使う日傘の色について(*‘ω‘ *)
張り切っていってみましょう~♪

スポンサーリンク

紫外線対策に日傘の色は何色がいい?

最近は本当にいろんな色の日傘が売られていますね♪選ぶのも楽しくて悩んでしまいます。
ただ 紫外線を避けるために、UVカット効果を期待して日傘を使うのであれば!
日傘の色は白っぽい色よりも黒っぽい色を選ぶほうが良いのです。

なぜ日傘は白より黒がいいの??

白と黒では、どうもそもそもの紫外線カットの仕方が違うらしいのです。

簡単に言うと・・・
白は反射・黒は吸収

※日傘の素材や作られ方でもそれは違うのですが、ここでは色だけを考えているとします。

白の日傘は紫外線などの光を反射することにより、紫外線をカットしています。
黒の日傘は紫外線などの光を吸収することにより、お肌に届く前に紫外線をカットしています。
黒という色は、紫外線だけでなく可視光線や赤外線なども吸収します。白い車よりも黒い車のほうが真夏の車内がより暑くなるらしい・・・などと同じこと。

黒い日傘はちょっと暑苦しく見えるかもしれませんが、紫外線対策のために!!と考える場合、色の性質だけを見て考えるならば、断然黒のほうが日傘には向いていますよ♪

日傘の裏地の色は?

紫外線対策を考えるとき、日傘をさす場合地面からの照り返しも考えなくてはなりません。紫外線は空から(上から)だけではないのです!下からも攻めてきます。しかもね、しかもその割合は
上からの日差しが約40%で、乱反射して日傘以外の下から横から斜めからと、自分に向かってくる紫外線はなんと60%もあるのだとか!
お、、、恐るべし乱反射の紫外線・・・。

この「乱反射しまくる照り返しの紫外線」を予防するためには裏地の色がめちゃくちゃ大切なのですよ。なんなら表の色よりも大切かもしれません。

先にもお伝えしたように、白い色は反射、黒い色は吸収です。
裏地が白の日傘だと、照り返しされた紫外線が傘の内側で反射し、パラボラアンテナのように自分の方に向かってきます。紫外線カットするはずが、逆に体中に浴びてしまうのです。
それが、裏地が黒の日傘なら乱反射して日傘の中に入ってくる紫外線を傘の内側で吸収してくれるんですね!!

照り返しや乱反射で自分に向かってくる紫外線を最小限に抑えることができるといえますよね!

・・・と 私は考えています(/ω\)

スポンサーリンク

日傘の表の色は白黒関係ないものもある!!

さて、さんざん「黒がいい!」と豪語してきた私なのですが。

実は日傘は色よりも素材のほうが、ちょっとばかし重要になってきているのです。

日傘って色々ありますよね。私は長年日傘を使ってはいたものの

「遮光率99%と書かかれている近所のスーパーで格安で購入した日傘」を何年も使っていました。

本当に99%なのーー!?なんて疑いを持っていたくらいあんまり効果を感じてなかったなぁと、、、、。

これがそもそもの間違いなのだけど、ある時のことです。友人がさしていた日傘を借りたことがあったんですね。正確には一緒にいれてもらったんですが。(相合傘♡)

この時に衝撃を受けたのです。

「めっちゃ涼しいやんΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)なんでなん!?」

この時初めて知った日傘それが「サンバリア100」でした。

関連記事:サンバリア100ってどんな日傘??

このサンバリア100はどうやら、完全遮光(100%)で日光アレルギーの人のために開発されたとか。表の色もとても豊富で黒だけじゃないんです。水玉模様だったり白い傘もあります。

紫外線だけではなく、可視光線や赤外線すらもカットしてくれるので本当に日傘の中が涼しいんですよね。大げさでもなんでもなく本当に!!

というわけで私は今年こそサンバリア100を手に入れたいと意気込んでいたのですがダメでした。激売れしているらしく、なかなか手に入らないようです。ちーん。購入するためにはちょっと必要な手順があるようなのでそれは次の機会にお伝えしますねっ( *´艸`)

このサンバリア100については、色柄関係なく素晴らしい効果を発揮してくれるようですが、この日傘に限らず、紫外線カット加工されている、もしくはしっかり紫外線カットされる素材で作られている日傘もあります。この加工がされているのであれば、白い日傘であっても効果は”さほど”変わらないとか。

黒は暑苦しいと感じるのであれば、しっかり紫外線カット加工されている日傘を選べばよいですよ♪

大切なのは日傘の外側の色よりも素材と裏地の色ですぞ!(n*´ω`*n)

 

日傘のUVカットに効果的な色についてまとめ

今は本当にいろんな種類の日傘が売られていますよね!

もちろん、白よりも黒がいいということは否定できませんが、大切なのはどちらかといえば日傘の裏地の色です!

光沢のあるようなシルバーの日傘がたまにありますが、あれは一番だめだとか!!!反射しまくって紫外線をあなたの顔やからだに集めまくってしまうそうです。そんなのやだ・・・。

というわけで、裏地はなるべく黒!なるべくというか絶対黒!を選びましょう。もちろん紫外線カット加工が施されているものです(*‘ω‘ *)

裏地にカット加工がされているかどうかわからない場合は、こんなものを使ってカット効果を増加させるのも手ですね(*‘ω‘ *)

 

 

スポンサーリンク