バレンタイン

バレンタインに子供と友チョコ作り!簡単に手作りして人気ものに♪

年バレンタインの時期になると、市場は大騒ぎです。
好きな人に告白するためのバレンタインデーだったはずなのに
今や・・・なんでもありです( ゚Д゚)
本命チョコから、義理チョコ、逆チョコ、自分チョコ(ご褒美チョコ)友チョコ・・・と
色々ありますが、今日はその中でも子供たちが楽しみにしている 友チョコについて♪
簡単大量につくれるレシピまでご紹介しますね( *´艸`)

 

スポンサーリンク

バレンタイン、子供たちの友チョコは必須行事

友チョコなんてものが流行りだしたのっていつなんでしょうね?いつの間にか、当たり前になり、特に子供たちの間では、「好きな人に告白するチョコ」が「お友達と交換するチョコ」になりつつあるようです。

私が子供の頃は好きな人にチョコを作ること、お母さんに見られるのが恥ずかしいからコソコソ作ってたのに、
今ではお母さんと子供が一緒になってチョコレート菓子を作るなんてことが当たり前なんですよね♪
だって!友チョコだから!笑
どさくさに紛れて好きな人へのチョコも一緒に作れますしね♪

ちょっとだけ羨ましいですw

あっ 話がずれちゃいましたが。

子供たちの間での友チョコ交換は、かなり根強い習慣になっています。
そして、他人の作ったものが食べられない!などという人が多くなっている現代なのに、子供たちのバレンタインのお菓子はとにかく手作りが主流です。
というわけで、是非お子様と一緒に手作りしてみましょう♪
子供同士で交換したり食べ合うチョコなので、ゴリゴリに凝る必要はありませんし、簡単なもので大丈夫ですよ(*´ω`*)

 

バレンタインの友チョコを簡単に子供と作ろう♪

子供と一緒に作るのに、お金をかけずに簡単に作れるチョコ菓子をご紹介します♪

1 クッキーチョコ

材料
板チョコ2枚ほど  市販のクッキー(手作りでも) カラーのチョコペンや飾りに使えるものならなんでも♪(チョコスプレーやアラザン、ナッツなど)

:チョコを湯せんなどで溶かします。

:クッキーの半分だけにチョコをつけます。(クッキーをもって半分だけチョコに浸すだけ♪)

:チョコが固まる前に、飾りを乗せる。

冷蔵庫で冷やして出来上がり♪

チョコペンならお友達の名前を書くでもいいですし、小さめや薄めのクッキーならチョコをサンドしてもいいですね♡
オリジナリティあふれる可愛いクッキーチョコが簡単にできますよ♪

500円前後でたくさん作れるのも魅力です(*´ω`*)

2 マシュマロチョコフレーク

材料
マシュマロ一袋 板チョコ1枚~ コーンフレーク50gほど(マシュマロとチョコは同じぐらいのグラム数をおススメ♪)

:チョコをなるべく細かく刻み、耐熱ボウルに入れます。

:チョコの入ったボウルにマシュマロを入れ、ラップしてレンジで50秒~1分温めます。(500w)

:取り出してすぐにくるくると混ぜ合わせ、コーンフレークを投入

:クッキングシートを敷いたバットなどに入れて冷蔵庫へ。

:20分~30分ほどしたら取り出して、カットしてチョコフレークバーの完成♪

スプーンを2本使いで、くるっと丸めながらバットに並べて冷やしても可愛いですよ♡
(固まるのが早いのでだんだんと扱いにくくなります。なので丸める時は急いでやりましょう(*´ω`))

 

と 簡単に二つレシピを挙げてみましたが、一つ目のクッキーチョコ
これはいくらでも応用ができるんです♡

クッキーにチョコじゃなくても、パイの実だったりとんがりコーンだったりプチシリーズのお菓子だったり、なんでもありですよ♡
スーパーのお菓子コーナーにお子様といって、どれにチョコつけるー??なんて一緒に探すのもいいですね♡

思わぬ発見ができるかも( *´艸`)

スポンサーリンク

 

バレンタインに子供と作る簡単で人気のもの♪

やっぱりチョコレートを溶かして何かと混ぜて・・・っていうのは 簡単だからこそ、みんながやってる・・・となりがち「かも」しれません。というわけで、ちょっとだけ応用編♡

「焼き」を加えて、しっとりチョコケーキなんていかがでしょう♡

ガトーショコラ

ガトーショコラって、名前聞いただけで難しそうで候補から外してたのは他の誰でもない私です。笑
でも実は、めっちゃ簡単なんです!!!

材料
板チョコと卵だけ!15センチ丸型の場合 板チョコ3枚 卵3個 (型が15センチより大きくなれば1個ずつ増やしてください 小さければ1個ずつ減らしてね♪)

まず 初めに。型にクッキングシートを敷いておきます。

:チョコを刻んで湯せんで溶かしていきます。卵は卵黄と卵白に分けておきましょう。

ワンポイントアドバイス♪チョコを刻むときは、まな板の上にクッキングシートを敷いてすると、チョコを簡単にボウルに運ぶことができますっ!

:チョコが溶けたら、粗熱を取り少し卵黄をしっかり混ぜ合わせます。(チョコが熱すぎると卵黄が煮えてしまうので注意)

:卵白でメレンゲを作ります。しっかりツノが立つまで泡立ててくださいね♪

ワンポイントアドバイス♪メレンゲは作るの結構大変です(;´・ω・)手動で泡立て器で作るなら、卵白を30分~1時間ほど冷凍させてみてください♪かなり早くフワフワメレンゲを作ることができますよ♪

:泡立てたメレンゲの3分の1ほどを加えてざっと混ぜて、なじませます。ざっとで大丈夫。

:残りの卵白をすべて加えて、ゴムベラでさっくり混ぜます。(メレンゲの泡をつぶさないように優しくさっくり混ぜます)

:全体がなじむと淡い茶色になります。均一になったら、記事を型に流し込み トントンと2~3回落として空気を抜きます。

:170℃に予熱したオーブンで 20分~25分焼きます。

メレンゲをチョコに加えたところから焼き始めるまでは、泡がつぶれてしまうのでなるべくスピーディにです(*´ω`)
お持ちのオーブンによりますが、予熱に時間がかかる場合は、早めに予熱ボタンを押しておきましょう!。

仕上げに溶けない粉糖(100均にもあります♡)を振りかけるとより高級に見えます♡
表面が凹んだりひび割れることは失敗ではないので気にしないでくださいね( *´艸`)

小さなお子様とだと、一緒に作るのは難しいかもしれませんが、中、高学年のお子様とならきっと楽しく作れるはずですよ♡

どんなチョコでも、チョコの溶かし方が大切!失敗しないためにもこちらの記事を参考にしてくださいね(*´ω`*)

>>失敗しないチョコの溶かし方

型を準備したり、いろいろ不安だな・・・と思うあなたは、
無印良品に 「自分でつくる」シリーズのガトーショコラキットが売っています!

これがまた 失敗なく美味しく簡単にできるので、不安なかたはこちらもおススメ~♪( *´艸`)

 

バレンタインに子供と友チョコ作りについてまとめ

いかがでしたでしょうか( *´艸`)

もう私は、いまチョコレートを食べたくてたまらない衝動に駆られています。偶然にも明日が母の誕生日なので、ガトーショコラ焼いちゃおうかな♪

子供たちがこぞって楽しむバレンタイン、時代の流れで目的が変わりつつありますが、是非一緒に楽しく友チョコ作りしてくださいね♡

 

追記:翌日にガトーショコラ 焼いちゃいました|д゚)

 

スポンサーリンク