バレンタイン

板チョコの溶かし方で一番簡単なのは?溶かす湯せん以外の方法と失敗談

ョコレートのお菓子を作るうえで欠かせないチョコを溶かす工程。
最初から溶けてるチョコが売ってれば一番いいかもしれないけれど、それはありませんよね。
自分で溶かさなければなりません。

でも初めてでも大丈夫!!!溶かし方は意外と簡単ですよ♡
バレンタインに大好きな人たちへのギフトでチョコレートをつくるときに
知っておけば時短にもなります(*´ω`*)

というわけで本記事ではチョコレートの上手な溶かし方について♪
お伝えしていきますね(*ノωノ)

 

スポンサーリンク

板チョコの溶かし方、何より簡単にできる方法とは?

チョコレートの溶かし方は「湯煎(ゆせん)がいいよ」って聞いたことないですか?

湯煎(ゆせん)とは
鍋などにお湯を沸かします。その中に小さいボウルなどの耐熱容器を入れて、その中に食材を入れ、容器ごと間接的に加熱することをいいます。

チョコレートを溶かす方法は、湯煎が一番適していると言われています。
チョコレートってとってもデリケートな食べ物なんですね。
だから急に高温とか急に低温というのにとても弱いんです。
湯煎することで、ゆっくり温度をあげられるので、一番適しているといわれています♪

 

チョコレートを上手に溶かす湯煎の正しいやり方

準備するもの:チョコレート ステンレス製のボウル お湯を沸かす小鍋 ゴムべら
(ステンレス製のボウルは鍋より大きいものを選びましょう)

※チョコレートを入れるボウルに湯気やお湯が入らないようにするためです。 チョコレートはとてもデリケートなため、包丁やまな板、チョコを入れるステンレス製のボウルなどに水分や油分が残っていないことがとっても大切です。

.鍋にお水を入れ、火にかけます。水の量はチョコレートを入れるステンレス製のボウルの底がつくくらいがベスト。
.お湯の温度は50度~60度以内にしたいですが、温度計が無い場合はだいたいで大丈夫。沸騰させてしまったらしばらく温度が下がるのをまちましょうね(*´ω`*)
.刻んだチョコレートをボウルに入れ、お湯の入った鍋の上に重ねて溶かしていきます。
.チョコレートが周りから溶けていくので、ゴムベラでかき混ぜたり上下させます。
優しく、ゆっくり混ぜることが大切ですよ♪優しく 愛情をこめて、ゆっくりゆっくり♪

チョコが完全に溶けきったら完成です( ^^) _旦~~おつかれさまでした(*´ω`*)

 

チョコを溶かす湯煎以外の方法ってある?

さて、一番良いチョコを溶かす方法は湯煎だとお話しましたが、他にも方法はあるのでしょうか!?
じつはあるんです。

その1 電子レンジ

電子レンジで溶かす場合は、板チョコ2枚分の場合、500w1分~1分半、600wの場合は1分以内でやってみてください。
チョコレートはチョコレートの種類でも溶け始める温度に少しバラつきがあります。

スィートチョコなら50~55℃

ミルクチョコなら45~50℃

ホワイトチョコなら40~45℃

 

一般的に販売されているチョコはこんな感じ♡

この温度になればチョコはゆっくりと溶けていきます。

電子レンジから取り出して、あまり溶けていないと感じても、かき混ぜてみてくださいね。
かき混ぜるとゆっくり溶けてくれることがあります。

もし あまり溶けていないようなら、10秒ずつ追加しながら様子をみてくださいね♪
熱の入れすぎは失敗に繋がるので、必ず10秒ごとに確認してください。

 

その2 ドライヤー

ドライヤーでチョコが溶かせるなんてびっくりですよね!ためしてガッテンで放送されたそうです!
チョコは熱の伝え方が重要なのですが、ドライヤーはとても簡単に熱を伝えられるみたい。
私も試してみたのですが、めっちゃ簡単にできました!
耐熱容器にチョコを刻みいれるところまでは同じ!
そこから、チョコレートに直接ドライヤーで熱を当てます。
溶け始めたらゴムベラでゆっくりかき混ぜてくださいね♪

 

その3 炊飯器

炊飯ジャーの中に、刻んだチョコレートを入れて、ふたを閉めないまま炊飯ボタンを押します。
そしてチョコが溶け始めたら炊飯を止めます。割とすぐなので気を付けてチョコをしっかり観察しながらやってみてくださいね。

ちょっとでも目を離したりスイッチを切り忘れるとたちまちチョコが焦げてしまったり、慌てるとヤケドをしてしまいがちなので、個人的にはあまりおススメしません(;´・ω・)

スポンサーリンク

 

チョコを溶かすとき、○○すると失敗するよ!

一番やってはいけないことは、直火です。早く溶かしたい!などという気持ちから直火にしたいと思うのはやまやまですが・・・・。

チョコは先にも書いたように、50度前後で溶け始めます。直火にかけると、熱があっという間に伝わってしまい、
風味も損なわれます。そして あっという間に焦げちゃいます・・・。

焦げたチョコは不味いですよ(´;ω;`)

チョコレートを溶かす時の鉄則は、ゆっくり優しくです。
ゆっくり溶かしながら優しくかき混ぜることで、風味を損なうことなく溶かすことができます。
かき混ぜるときに激しくすれば、気泡が入ったり舌触りが悪く原因をつくることも・・・。

ゆっくり 優しく をしっかり頭において 溶かしてくださいね♪

チョコを湯煎で溶かす場合は、チョコの入ったボウルの中に湯煎用のお湯が入ることは絶対に避けたいポイント。
水が入ってしまうと分離してしまい、元に戻すことは困難です(;´・ω・)

お湯だけではなく、湯気もダメです。
なので、鍋にピッタリはまるサイズのボウルを選ぶか、鍋の底に耐熱のお皿を逆さまに敷きましょう。

鍋の底にお皿が逆さまに敷かれていれば、土台ができてボウルがグラグラするのを防ぐことができますよ♡

 

チョコレートの溶かし方についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
チョコレートはとってもデリケートなので、なかなか溶けない・・・と思っても、根気よくゆっくり優しくが基本です。
しつこく言ってますが、「ゆっくり優しく」を頭に置いて、丁寧に溶かしてくださいね♪

チョコ作り、がんばってください♡

スポンサーリンク