美容

まつ毛がビューラーでうまく上がらない!やり方は?ビューラーなしであげる方法とは

まつ毛がくるんと上がっていると、なんだかちょっと目もおおきく見えちゃいます♡
まつ毛って意外に大事なんですよね(*‘ω‘ *)

だけどその「まつ毛がくるん」って実はそう簡単にいかなかったりも・・・。

ビューラーで頑張っても なかなかうまく上げられなかったりしますよね。
そこで今日は「ビューラーでまつ毛をうまく上げる方法」をお伝えしていきますね(*‘ω‘ *)

スポンサーリンク

まつ毛がビューラーで上がらない!なんで!?

ビューラーを使い始めたころは、「これでどうやってまつ毛が上がるんじゃぃ!!」と思っていました。笑
難しいですよね!!(;´Д`)

まずうまく挟めないし、挟んだと思ったらまぶたを挟んでしまったり。めっちゃ痛いし!

上がらない理由はいくつかあるのですが、ほとんどの方が「正しく使ってない」と個人的に思っています。
私、普段は美容師としてお仕事させていただいているのですが、この「ビューラーうまくできない問題」を何度か相談されたことがあったのですね。

それも踏まえて、いくつか「まつ毛がビューラーで上がらない理由」を挙げてみます。

1 化粧水や乳液などでまつ毛が濡れいてる

まつ毛が濡れていると、癖がつきにくいです。髪の毛が濡れているときに癖がつかないのと同じこと!

2 ビューラーの形と目の形が合っていない

ビューラーのカーブも実は微妙に差があります!まぶたを挟んでしまうのは、ビューラーのカーブとあなたの目のカーブが合っていない証拠!
1000円のビューラーだからいいとか、100均のビューラーだから悪いなんてことはありません。
あなたの目のカーブと合っていることが大切!!

目元の彫りが深い人はカーブがしっかりあるタイプ
彫りが深くない人は カーブがゆるいタイプのビューラーを探してみましょう♪

3 ビューラーのゴムが劣化している

ビューラーのまつ毛を支える部分、ゴムのところにひびが入っていたり、切れ目が入っているとまつ毛がうまく上がりません。
まつ毛が上がらないから!!と ビューラーをぎゅうぎゅうに握ったりするとゴムはすぐに劣化してしまうので気を付けて(*´ω`)
そしてこのゴムの劣化は、まつ毛が上がらないだけではなくまつ毛そのものを傷めてしまうのですぐに取り換えましょう。

4 まつ毛を上に引っ張っている

上記の3つ(まつ毛濡れてない、ビューラーの形もあっていて、ゴムもきれい)ができていても、まつ毛のあげ方が間違っていれば やっぱりうまく上がりません。
上にあげたいから 上にあげる!それもすごくわかるし 何なら私もそうしてましたΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)が、これも間違いなんです。

5 まつ毛の根元を無視している

どんなにまつ毛の中間から毛先に向けてきれいなカールが作れても、根元があがっていなければまつ毛がだんだん落ちてきます。
マスカラをつけるとまつ毛が落ちてきちゃうのはこのタイプが多いかも!?

6 ビューラーをするときの鏡の位置が正面ではない

ビューラーをするとき、下からまつ毛を見たいために鏡の角度が下からになりがちだけどこれもダメ!最初からまつ毛が下向きになっている状態でビューラーをしても
いいカールがなかなか作れないんです。

 

6つほどあげてみましたが、思い当たるところはありましたか???
次章では 正しいビューラーのやり方をお伝えします♪ レッツくるくるまつ毛~♪

まつ毛をビューラーで上手にあげるやり方とは!

鏡は真正面において 正面を向きます!

スポンサーリンク

 まつ毛の根本をしっかりあげるために 薬指を使ってまぶたを持ち上げる!

 まぶたを上げた状態で、ビューラーを根本ギリギリにいれる。

 根元にビューラーを置いたら、ゆっくりと優しく根元を挟む。

ビューラーで挟むとき、しっかり上げたい気持ちが暴走してぐいっとチカラを入れてしまいがち。
これはまつ毛を傷める原因にもなるので ぎゅーーーっと挟まず優しく挟みましょう!!

 ぐいっと上にビューラーをあげたい気持ちを押し殺して、挟んで5秒ほどおき、前にずらして挟んでまた5秒おく。

にゃんすけ
にゃんすけ
前にずらす?えっ ? 前にずらす??

って 思うかもしれませんが、実際にやってみてくださいね(*‘ω‘ *)

上にあげるではなく、「ビューラーは前にずらす」 です。

グイグイ挟みながら上に押し上げるのも、別に悪くはないのかもしれませんが、私はおすすめしません。

この方法は、私が美容師のメイク講習で教わってきたものです(*‘ω‘ *)

まつ毛って、ビューラーに挟まれている時点で上にカールされているんですよね!(当たり前だけどw)
まつ毛の根元をしっかりビューラーで挟み、そこで根元にちゃんと癖がついたら 前にずらしてまた優しく挟む でOKなんです。

3段階くらいするとキレイかもしれませんが、私はいつもこの2ステップ。

ちょっとほかのサイトものぞいてみたけど、5段階に分けて挟む!!!とか書いてあるとこもあってちょっとびっくりしました。

そんなにぎゅうぎゅう挟んでたら まつ毛さん抜けちゃわないのかなと心配に・・・w

でも 大切なのは一章で書いたように

  • まつ毛が濡れていない
  • ビューラーの形が目にあっている
  • ビューラーのゴムが劣化していない

が必須です。

ビューラーの形があっていなければ、私のやり方ではうまく上げられません(;´Д`)
(まぶた挟んじゃいます)

まつ毛の根本をしっかり立ち上げればよいのです(*‘ω‘ *)

マスカラは繊維ものは避けた方がいいかも♪

これは私の個人的な感想なのですが。
私自身、まつ毛がとても短くて細いのが悩みで、繊維が入っているロングタイプのマスカラを使っていたことがあるのですが、
これはまつ毛が落ちてきます。(;´∀`)カールがとれちゃう・・・。

せっかくきれいに根元から上げてもマスカラの重さで落ちちゃうというか。
なので、ボリュームアップマスカラをよく使います。
本当は長さを出したいんだけど。。。。しくしく

ボリュームアップタイプのマスカラでも、長さがでないことはないですし、しっかりとカールが作られていればあまり落ちてきませんよ♪

もし 繊維タイプでもカール取れないよ!!!っていうマスカラを知っていたらぜひ教えてくださいね♡

ビューラーなしでまつ毛を上げる方法はある?

さて。 ビューラーで上手に上げる方法は分かったとしても、まつ毛の質や長さ、まぶたの重さなんかで本当にまつ毛が上がらない どうやっても上がらないんじゃい!!!

((# ゚Д゚)))

っていう方もいますよね。

そういうときは 思い切って「まつ毛パーマ」か「まつ毛エクステ」をしてみませんか?

まつ毛エクステは、かなりのボリュームも出せますし、特別な日にはお勧めです♡
つけまつげをずっとしているような特別感もあってメイクの手間も省けるしすっぴん美人になれるとか。。。(n*´ω`*n)
私もまつエク大好きで、大切な瞬間や、すっぴんをさらけ出さなきゃいけない出産前なんかはまつエクのお世話になりました(*‘ω‘ *)

でも 1本、、2本、、3本、、、、と 抜けていくエクステ。次第に残念なまつ毛になっていくのも否めないのです。。
とくに定期的なメンテが必要になるのもまつエクです。

まつ毛パーマは、まつ毛エクステよりも安くて自然にできるので個人的にはこちらがおすすめです。
美容師な私も、まつ毛パーマの施術をよくお客様にしているのですが、まつ毛の短さや量に左右されることはありません。

短くても長くても、少なくても多くてもできるのがまつ毛パーマです。(技術者によるのかも?)

ただ、サロンによっては大きな声で言えないけれど(ちょっとへたっぴ)だったり、トラブルが起こったという話も聞きますので
信用できる美容師さんを探してくださいね(*‘ω‘ *)

まつエクだと 月6000円~数万円(量や質により異なる)
まつ毛パーマだと 月3000円~程度 だと思います。(お店によって異なりますね)

どちらにしてもキレイを保つためにはメンテナンスが必要なので(1か月~2か月に一度)
ビューラーがうまくできないけど可愛いまつ毛でいたい!のであれば 考えてみてくださいね(*´з`)

まつ毛をくるんと上げる方法についてまとめ

まつ毛がくるんとしっかり上がっていると、目元もパッチリして見えるし可愛さがグッと上がりますよね(*‘ω‘ *)

でも 最初は難しいし 何度も失敗したりうまくいかなかったりまぶた挟んで痛い思いをしたり・・・。しました。

最初からうまくできる人なんてそうそういません。私も何度も何度も練習してやっとなんとか薄くて細くて短い残念なまつ毛をくるんとできるようになったんです(;^ω^)

だからといって、ビューラーでぎゅうぎゅうにグイグイと上げ続けてしまうと さらに抜けてしまったり傷んでしまったりしますもんね(´;ω;`)

コツは

  • 目の形にあったビューラーを選ぶこと
  • グイグイ引っ張らずに優しく挟むこと
  • 根元をしっかり挟んで根元にカールをつけること
  • 上におしあげるではなく前にずらすこと

です!!

どうしてもできなかったり、まつ毛が傷むことが心配であれば、まつ毛パーマやまつ毛エクステも視野にいれてみてくださいね(*‘ω‘ *)

毎日挟んで負荷を与えるよりも、月に一度程度パーマやエクステをするほうが まつ毛への負担も少なくすみます(*^^)v

 

最後までお読みいただきありがとうございました!あなたのまつ毛がくるんと可愛くなりますように✨

スポンサーリンク