子ども

赤ちゃんがいる部屋の暖房の設定温度は?寝る時は!?命にかかわる危険も・・・

に赤ちゃんが生まれると、お部屋の温度や設定、暖房はつけっぱなしでいいのかどうか悩みませんか?

なんだか、暖房は体に悪い気がするけど、寒すぎても悪い気がする・・・

赤ちゃんにとって冬の暖房は、どうしてあげることがベストなのか、
暖め過ぎることの危険性までお伝えできればと思います!

スポンサーリンク

赤ちゃんがいるお部屋の暖房の設定温度は?

冬に、赤ちゃんがいるお部屋の適正な温度は20度~23度湿度は40~60%だと言われています。
産まれてすぐの赤ちゃんは、自律神経が未発達なので自分自身のチカラで体温調節をすることができません。
生後1歳くらいまでは、パパとママが赤ちゃんの体温調節のお手伝いをしてあげることが必要になります。

赤ちゃんが快適に過ごせるための温度や湿度を上手に保つためにも、赤ちゃんのそばに温度計や湿度計を置くことをおススメします。
数字はあくまでも目安にですが、目安になるものがあるのとないのとでは、全然違いますよ(*^_^*)

お部屋を暖めるのに一番危険なく安心なのはエアコンによる暖房ですが、あなたのお住まいの家や地域によって、暖房の仕方は異なると思うので、それにあわせて室温を調節してあげてくださいね(*´ω`*)

暖房をすると気になるのが乾燥。
乾燥は私たち大人にも、のどはイガイガなるしウィルスは元気になっちゃうし、いいことないのですが
赤ちゃんにとっても乾燥はもちろん敵!!

乾燥は赤ちゃんのお肌にトラブルが起こりやすくなります。そして脱水症状を起こすことも・・・!
暖房を使って部屋を暖める際は、換気や乾燥対策も心掛けてくださいね♡

関連記事:冬の乾燥対策について

赤ちゃんが寝る時にも暖房はつける?

では 夜眠る時に暖房はどうしたらよいでしょうか?

なるだけなら夜の暖房は切ってあげたほうが良いかもしれません。
知らず知らずのうちに乾燥が進んでしまい、赤ちゃんが脱水を起こしてしまったり、室温が上がりすぎて赤ちゃんに負担がないとも限りません。

でも 暖房がないと寝られないほどに冷え込む場合は、暖房をかけたままでも大丈夫です。その場合は少し低めの設定温度にしましょう。
特に新生児から数か月は、夜中に何度も起きて授乳したりミルクをあげるので、その都度に赤ちゃんの様子を見てあげることができますしね(*´ω`*)
(強制的にだけど笑)

昼間ももちろんですが、夜の授乳時には特に気をつけて、赤ちゃんをよく見て触れて確かめてみることが大切です!

手足の温度よりも、首回りやお腹、背中を見てあげてください。
首まわりや、お腹、背中に汗をかいていれば赤ちゃんは暑いのサインです。

タオルケットや掛布団などを蹴っていることもあります。蹴とばしているということは赤ちゃんは暑いはず。
寒いだろうからとたくさん布団をかけすぎたり、厚着をさせ過ぎると赤ちゃんは苦しくなることがありますので気を付けて!

暑さによって赤ちゃんにどんな危険が及ぶのか、、、、次章でお話しますね(; ・`д・´)

スポンサーリンク

赤ちゃんのためと思ってやり過ぎた暖房や防寒が及ぼす危険とは

あなたは、SIDSという言葉を聞いたことはありますか?
SIDSとは、乳幼児突然死症候群と呼ばれている赤ちゃんの突然死のことです。これは、ずっと原因不明の病気であると考えられていましたが、
最近になって、赤ちゃんが寒くないか心配するあまりに着せすぎてしまい、赤ちゃんを暖め過ぎたことが原因のひとつにもなっていると考えられています。

なんと・・・・お母さんの優しさが 突然死の原因になっているかもしれないだって・・・・!?

赤ちゃんに洋服を着せすぎると、「放熱障害」がおこるようです。
からだに熱がこもり、その熱が赤ちゃんを深い眠りに導き、こもった熱を外に出せないまま高温状態が続いてしまうと、赤ちゃんのからだの機能に不具合が起きてしまいSIDSに繋がってしまう可能性があるということが発表されています。
赤ちゃんは自分で「暑い」を伝えることもできないし、自分で洋服を脱いだりできません。
少し重みのある布団も危険です。赤ちゃんの掛布団はとても軽く作られているのですが、それにもちゃんと理由があったんですね!

赤ちゃんが寒いんじゃないか・・・・」と 心配する気持ちもすごくわかります。「風邪をひかせてしまったらどうしよう。できるだけ寒くないように・・・・」と 思うのが親心ですよね。

夜の授乳のたびに、しっかり赤ちゃんの様子を見て、触って、確かめてあげてください。
汗をかきすぎていないか、お腹や背中が冷たくないか、汗をかいていたらすぐに着替えさせてあげてくださいね(*´ω`*)
睡眠中は絶対に帽子や手袋、靴下などは履かせないようにしましょう。
身体と布団がびっちりと密着するような重い布団ではなく、空気感のある軽い布団を使ってください(*´ω`)

赤ちゃんの冬の暖房と暖め過ぎの危険性についてまとめ

いかがでしたか?赤ちゃんは自分で体温調節できない分、ママやパパがしっかり見て触って適温を保ってあげることが重要になってきます。
ちょっぴり大変なことかもしれませんが、大切なあなたの赤ちゃんを守るためです(*´ω`)頑張ってくださいね(*´ω`*)

スポンサーリンク